安い費用で広告を印刷しよう

>

たくさん印刷を依頼する

何枚印刷すれば良いのか考える

どのくらいのお客さんに、広告を配布するのか決めてください。
イベントで、配布することがあります。
大体何人ぐらいのお客さんが 見込まれるのか、考えて広告の枚数を決定しましょう。
枚数が少ないと、広告をもらえないお客さんが出ます。
イベントに来てくれたのに、広告を使ってアピールできないと利益を生み出すことはできません。
また、印刷会社に依頼する時は枚数を増やすのが良い方法です。

印刷する枚数が多くなれば、1枚あたりの単価が安くなる料金システムの印刷会社が見られます。
しかし、無駄に多い枚数を依頼するのは控えてください。
広告が余らないよう、ベストな枚数を見極めましょう。
それならお客さんにも配布できますし、費用を削減できます。

特に広告を使う時期を知ろう

最初は、どのくらいの枚数を印刷すれば良いのか判断できないかもしれません。
多い枚数を依頼すれば良いと言われても、広告が余ることが怖くてなかなか踏み切れない人が見られます。
最初は、夏休みや年末年始など、セールが多くなる期間だけ印刷する枚数を増やすのがおすすめです。
その期間はお客さんを集めるのに、最も都合が良い時期です。

ですから普段より派手に、お客さんにセールの情報をアピールしてください。
その期間なら大量に広告を印刷しても、すべて配布できると思います。
何度か繰り返していれば、普段の広告でもふさわしい枚数を判断できるようになります。
いきなり印刷する枚数を増やさないで、少しずつ増やすと無駄をなくせます。


TOPへ戻る